Menu

結局クリニックとサロン、どう違う?沖縄女子が意外と知らない脱毛の違い

色白の女性

クリニックとサロンの脱毛、結局どう違うのかわからないという沖縄女子は多いはず。ここではサロンとクリニックが提供しているそれぞれの脱毛についてまとめてみました。違いをよく確認し、目的や体質に合わせた脱毛を見つけてみてくださいね。

クリニックの脱毛

クリニックが提供している脱毛は、一般的に美容皮膚科で行われています。国が定めた医療機関による施術を受けられるので、安全性と効果の高さが魅力。その分、医師による施術や医療用マシンの使用が義務付けられているので、1回の施術料金は高くなってしまうのがデメリットです。

 

多くの脱毛マシンはレーザーを使用して、毛穴の奥にある毛母細胞を熱で破壊していきます。

そのため強い痛みや熱さを感じやすく、場合によっては肌を傷めたりやけどを負ったりといったリスクが起きることも。

ただし、医療機関による施術なので万が一の際にはアフターケアとして軟膏や応急措置を即座に無料で受けられるため、安心できるでしょう。

サロンの脱毛

サロンの脱毛とクリニックの脱毛の大きな違いはマシンの効果にあります。

サロンで用いられる脱毛マシンは、医師資格を持たないサロンスタッフでも扱えるようにしたものが導入されています。

そのため1回の施術の効果がレーザーに比べてやや控えめで、1回の料金も安くなっています。やけどのリスクもほとんどないものの、何回も通って少しずつ毛を薄くしていく必要があります。

またそもそも、「脱毛」という行為自体が医療行為にあたるためサロンで行っている脱毛は「減毛」程度にしかなりません。「永久脱毛」と呼ばれるもののほとんどは医療行為にあたるので、クリニックでしか受けることができないのです。

高い効果と高価な施術費用が特徴のクリニックと、効果はやや低いものの手軽に通えるサロン。

優先すべきポイントを整理した上で、自分に合った脱毛法をセレクトしていくと良いでしょう。